「武士道」新渡戸稲造

「武士道」と新渡戸稲造 »

「武士道」を読むにあたって知っておきたいこと。それは、なぜ新渡戸稲造が英文でこうした書籍を出版しようと思ったかという動機ではないでしょうか……

オリバー・ツイスト

「オリバーツイスト」と「クリスマスキャロル」 »

ともに19世紀のイギリスを代表する作家、チャールズ・ディケンズの作品です。この二つの作品に共通しているテーマ、それは貧困です。そして、これはディケンズ本人の子供の頃の体験が深く影響しているのです……

ガンジー・ストーリー

「ガンジー・ストーリー」を読むにあたって »

インドでは今でもガンジーは特別です。暴力を否定し、不買運動と抗議の行進、そして必要とあれば、断食を行い人々に平和と非暴力を訴えてきたガンジーは、今でも多くの人に尊敬されています……

ジェーン・エア

「ジェーン・エア」を読むにあたって »

「ジェーン・エア」が発表されたのは、1847年のことでした。シャーロット・ブロンテは、この作品をカラー・ベルという男性の名前で発表しています。まだ、女性への偏見も根強かった時代です……

風と共に去りぬ

「風と共に去りぬ」を読むにあたって »

アイルランドの東部、ミース州にタラの丘という緑の台地があります。アイルランドは、その昔ケルト人の国で、タラの丘はそのケルト人以前の先住民からも神聖視された場所でした。そして、ケルト人の王たちもそこで、今も残る石柱の前で、即位の儀式を行っていました……

緋文字

「緋文字」とアメリカ »

ナサニエル・ホーソーンの代表作『緋文字』。この悲恋物語を通して、読者は清教徒が上陸してきて間もないアメリカへといざなわれます……