クリスマスの夜

島本 慶・若林 健次(著)

クリスマスの夜。
心に優しさが降りてくる、ささやかな幸せのお話。
ペーソスの島本慶、若林健次が贈るクリスマス・ストーリー。

※ペーソス:多彩な顔ぶれのメンバーからなる特殊歌謡バンド。
オヤジの哀愁を切々と歌い、マニアの心を掴んでいる。

島本 慶(しまもと けい)

1952年生まれ。職業ライター。副業として、令和歌謡グループ「ペーソス」のボーカリストを担当。作詞・作曲も手がけている。
著書にエッセイ『大丈夫か山田さん』(バジリコ)、『東京居酒屋ガイド』(小社刊)他多数。

若林 健次(わかばやし けんじ)

1961年福島県生まれ。大学卒業後いしかわじゅん氏のアシスタントとなる。1985年講談社モーニングで新人賞を受賞後、1987年同誌「ドトウの笹口組」でデビュー。ボートレースに目がなく毎日欠かさない。

クリスマスの夜 (IBCのユニークな和書/IBCパブリッシング)表紙

クリスマスの夜/IBCのユニークな和書/IBCパブリッシング)クリスマスの夜/IBCのユニークな和書/IBCパブリッシング)クリスマスの夜/IBCのユニークな和書/IBCパブリッシング)クリスマスの夜/IBCのユニークな和書/IBCパブリッシング)

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「クリスマスの夜」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0643-3
タイトル クリスマスの夜
著者 島本 慶・若林 健次(著)
紙書籍定価 本体 1,400円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2020年11月
ページ数 32 ページ
判型 B5判変型 オールカラー

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「クリスマスの夜」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング