書籍詳細

The Book of Tea

茶の本

「唯一茶を通してのみ、西洋と東洋は理解し合うことができる」明治時代、文明開化・西洋化が叫ばれる中、天心は時代の波にあらがうかのように、日本美術の保護に奔走した。英文で執筆された『茶の本』は、1906年にニューヨークで出版され、東洋、そして日本文化のすばらしさを西洋に広く知らしめることとなった。本書は、世界を見据え、日本人としての気概を持って生きた明治の知識人、岡倉天心の会心の作である。

ISBN: 978-4-89684-674-4
学校採用: 学校採用品
著者: 岡倉天心 (著者)
紙書籍定価: 880円
出版社: IBCパブリッシング
初版刊行: 2008/01
総単語数: 9810語
ページ数: 112 ページ
判型: 新書判変型
本のサイズ: 177mm×110mm
ジャンル: ノンフィクション

本書のお買い求めはこちら

電子ブック版の購入はこちら

Share:

こちらもおすすめ

  • カマラ・ハリス・ストーリー

    西海コエン(著)、マイケル・ブレーズ(英文編集)

    1100円
  • 日本の経済[改訂版]

    小林佳代 (著者)、ジャイルズ・マリー (訳者)

    880円
  • 武士道

    新渡戸稲造 (著者)、ロジャー・アルバーグ (リライト)

    880円
  • スティーヴン・ホーキング・ストーリー

    ニーナ・ウェグナー (著者)

    1100円
  • 本田宗一郎物語

    西海コエン (著者)

    1100円
  • アインシュタイン物語

    ニーナ・ウェグナー

    990円
  • アメリカが学んだ日本のエコ生活

    栢木利美 (著者)

    1045円
  • アメリカ史

    西海コエン

    1100円
  • アメリカ政治

    中岡望 (著者)

    1320円