書籍詳細

Sakamoto Ryōma

坂本龍馬

土佐一国では飽き足らず、江戸に出た龍馬が見たのは圧倒的な西洋の技術力、そして開かれた貿易の様子だった。海に囲まれた日本であれば、強い海軍を持ち、諸外国と対等な関係を結ぶことが、日本の進むべき道と決めた龍馬は、激動の幕末を強い信念を持って駆け抜ける。新政府への期待、新しい時代への夢を膨らませる龍馬だったが、11月15日、近江屋の2階で不意を襲われ帰らぬ人に。奇しくもその日は龍馬の33歳の誕生日であった。

ISBN: 978-4-7946-0035-6
著者: 西海コエン (著者)
紙書籍定価: 990円
出版社: IBCパブリッシング
初版刊行: 2010/03
総単語数: 15190語
ページ数: 132 ページ
判型: 新書判変型
本のサイズ: 177mm×110mm

本書のお買い求めはこちら

電子ブック版の購入はこちら

Share:

こちらもおすすめ

  • カマラ・ハリス・ストーリー

    西海コエン(著)、マイケル・ブレーズ(英文編集)

    1100円
  • 日本の経済[改訂版]

    小林佳代 (著者)、ジャイルズ・マリー (訳者)

    880円
  • 武士道

    新渡戸稲造 (著者)、ロジャー・アルバーグ (リライト)

    880円
  • スティーヴン・ホーキング・ストーリー

    ニーナ・ウェグナー (著者)

    1100円
  • 本田宗一郎物語

    西海コエン (著者)

    1100円
  • アインシュタイン物語

    ニーナ・ウェグナー

    990円
  • アメリカが学んだ日本のエコ生活

    栢木利美 (著者)

    1045円
  • アメリカ史

    西海コエン

    1100円
  • アメリカ政治

    中岡望 (著者)

    1320円