Dirty Pretty Things
ロン・パリ日記

荒木経惟 (著者)

天才アラーキー、ヨーロッパへ行く

現代アートの中心ロンドンと花の都パリ。街をあげての歓迎に連日連夜の酒池肉林。Kaoriと小真理との三角関係に心を痛めつつも、ピカソの孫の寝室に忍び込む……。撮りおろし600枚による10日間のフォト・ジャーナル。和・英バイリンガル旅日記つき。

荒木経惟(あらき のぶよし)

1940年、東京都台東区三ノ輪生まれ。写真家。日本を代表する現代アーティストとして、海外でも高い評価を受ける。現在、天才から「写神」へと進化中。

Dirty Pretty Things (ロン・パリ日記)/荒木経惟 (IBCのユニークな和書/IBCパブリッシング)表紙

アマゾンの「Dirty Pretty Things」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-89684-268-5
タイトル Dirty Pretty Things (ロン・パリ日記)
著者 荒木経惟 (著者)
紙書籍定価 本体 2,800円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2006/12
ページ数 256 ページ
判型 A5判・ソフトカバー、モノクロ540点、カラー60点
本のサイズ 148 x 210mm

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「Dirty Pretty Things」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング