成果主義時代のリーダーになれる人なれない人

梅森浩一 (著者)

「ぶらさがり」人生を送るか、「太く長く」生き抜くか。今こそリーダーシップを身につけ、勝ち組人生を送るチャンス! 大手外資系企業の人事部長を歴任した国際人事プロが伝える、ビジネスマン必読の書!

成果主義の会社の給与はどのようにして決まるのか?
リーダーシップは、株価の何%を握っているのか?
どうして部下に好かれないのか?
リーダーに一番必要なことはなんなのか?

成果主義のモデルとなる外資系企業でノウハウを培った国際人事のプロが、リーダーシップを身につける具体的な方法を教えます!

部下と情報を共有していますか?
他人のアラ探しをしていませんか?
しっかり相手を見てあげていますか?
徹底的に具体的な目標を掲げられますか?
自分の「立ち位置」を見極めていますか?

成果主義時代のリーダーになれる人なれない人 目次抜粋

  • はじめに
  • ハツカネズミはなぜ20日で死ぬのか
  • 1章 リーダーシップの値段
    • 1. 成果主義の査定方法
    • 2. リーダーシップの値段
  • 2章 リーダーになれる人、なれない人
    • 1.「あたりまえ」のこと
    • 2.「反面上司」
    • 3. リーダーの条件
  • 3章 リーダーになる行動
    • 1. 自分にできないはずがない
    • 2. 自分を解剖する
    • 3. リーダーになる行動

梅森浩一(うめもり こういち, 1958-)

1958年生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、三井・デュポン フロロケミカルに入社。88年、チェース・マンハッタン銀行に転職。以後、国際人事のプロフェッショナルとしてチェース・マンハッタン銀行、ソシエテ・ジェネラル証券東京支店で、人事部長を歴任。主な著書に『クビ論。』(朝日新聞社)、『面接力』(文春新書)、『残業しない技術』(扶桑社)、『朝、会社に行きたくなる技術』(日本実業出版社) 、『成果主義時代のリーダーになれる人なれない人』(IBC) など多数。

成果主義時代のリーダーになれる人なれない人/梅森浩一 (IBCのユニークな和書/IBCパブリッシング)表紙

アマゾンの「成果主義時代のリーダーになれる人なれない人」販売サイトへ

セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-89684-144-2
タイトル 成果主義時代のリーダーになれる人なれない人
著者 梅森浩一 (著者)
紙書籍定価 本体 1,400円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2005/09
ページ数 192 ページ
本のサイズ 188 x 129mm

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「成果主義時代のリーダーになれる人なれない人」販売サイトへ

セブンネットショッピング