英語で読むシェイクスピア四大悲劇
Four Tragedies of Shakespeare

チャールズ・ラム、メアリー・ラム(著者)、出水田隆文 (英語解説)

ルネッサンス時代イギリスで一世を風靡し、以来世界中で愛され続けてきたシェイクスピア。彼が残した物語の数々から、四大悲劇「ハムレット」「オセロー」「リア王」「マクベス」を収録。現代のイングリッシュ・ネイティブでも理解が難しいという400年前の戯曲を、ラム姉弟が読みやすくノベライズ…したものをさらに読みやすく書き下ろしました!シェイクスピア初心者にも英語初心者にもやさしい英語と対訳日本語で、卓越した心理描写が光る悲劇の最高峰を堪能してみてください。

注:本書の CD-ROM は MP3 形式になっており、パソコンや MP3 プレーヤーで聴くことができます。MP3 ファイルの転送・再生につきましてはお使いの機器の説明書をご参照ください。(参考:付属CDから MP3音源をパソコンの音楽プレーヤーに取り込む方法について
※このディスクはCDプレーヤーでは再生できません。

英語で読むシェイクスピア四大悲劇 目次抜粋

  • Hamlet
    覚えておきたい英語表現
  • Othello
    覚えておきたい英語表現
  • King Lear
    覚えておきたい英語表現
  • Macbeth
    覚えておきたい英語表現

チャールズ・ラム (Charles Lamb 1775-1834)
メアリー・ラム (Mary Lamb 1764-1847)

姉弟は有名な法廷弁護士に仕える父のもと、英国ロンドンで生まれる。チャールズは30年以上、東インド会社に勤める傍ら、エッセイなど文筆業を副業とした。姉のメアリーは精神疾患の発作を時折おこすことがあり、チャールズは結婚をせずに姉の面倒をみたという。1807年、共著にて刊行した「シェークスピア物語」が有名。

出水田隆文(いずみだ たかふみ)

1977年生まれ。鹿児島大学教育学部英語専修卒。現在、鹿児島県立川薩清修館高等学校勤務。英語教育達人セミナーに講師として参加。鹿児島TEFL研究会事務局長。授業紹介DVD【「英語ギライ」に効くクスリ!〜ワッゼかんたん!理解・定着を促進する諸活動〜】がジャパンライム社より発売中。

英語で読むシェイクスピア四大悲劇 (Four Tragedies of Shakespeare)/チャールズ・ラム (IBC対訳ライブラリー/IBCパブリッシング)表紙

英語で読むシェイクスピア四大悲劇/IBC対訳ライブラリー/IBCパブリッシング)英語で読むシェイクスピア四大悲劇/IBC対訳ライブラリー/IBCパブリッシング)英語で読むシェイクスピア四大悲劇/IBC対訳ライブラリー/IBCパブリッシング)英語で読むシェイクスピア四大悲劇/IBC対訳ライブラリー/IBCパブリッシング)英語で読むシェイクスピア四大悲劇/IBC対訳ライブラリー/IBCパブリッシング)英語で読むシェイクスピア四大悲劇/IBC対訳ライブラリー/IBCパブリッシング)

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0254-1
タイトル 英語で読むシェイクスピア四大悲劇 (Four Tragedies of Shakespeare)
著者 チャールズ・ラム、メアリー・ラム(著者)、出水田隆文 (英語解説)
定価 本体 2,000円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2013/12
言語 日本語・英語バイリンガル書
付属 朗読 (MP3形式):CD1枚
総収録時間: 1時間35分34秒
ページ数 184 ページ
判型 四六版変型
本のサイズ 188 x 132mm
シリーズ分類 IBC対訳ライブラリー

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「英語で読むシェイクスピア四大悲劇」販売サイトへ