ニッポンのしきたり[改訂版]
Customs of Japan (Revised Edition)

土屋晴仁 (著者)、竹森ジニー (翻訳)

外国の人が、つい戸惑ってしまう儀式や慣習を簡潔明瞭に解説!
伝えよう! 日々の暮らしに宿る日本人のこころと知恵

知らないと世間様からバカにされる「ニッポンのしきたり」の意味とルーツ。年間行事、冠婚葬祭、衣食住から宴会、レジャーまで、何世代にもわたって受け継がれた伝統が、この1冊でわかります!

*本書は、2008年に刊行された対訳ニッポン双書『ニッポンのしきたり』を再構成し改訂したものです。

ニッポンのしきたり[改訂版] 目次抜粋

  • はじめに
  • もくじ
  • 年間行事
    • お正月
    • 節分
    • お花見
    • 節句
    • お彼岸
    • 夏の土用
    • お盆
    • お月見
    • お祭り
    • 大晦日
  • 人生
    • 出産
    • 七五三
    • 成人
    • 賀寿
    • 厄年
  • 婚礼/葬儀/宗教
    • 婚約まで
    • 結婚式と披露宴
    • 式日/六曜
    • 葬儀
    • 神と仏
    • 民間信仰
  • つき合い
    • お中元/お歳暮
    • 上座/下座
    • 宴会
    • あいさつ
    • 年賀状/暑中見舞い
  • 衣・食・住
    • 着物・小物
    • 食品
    • 暮らし方
  • その他
    • 年・月・時間
    • 縁起かつぎ
    • 図像
    • レジャー
    • 趣味
  • 参考資料
  • 年号

土屋晴仁(つちや はるひと)

1949年生まれ。IT分野を中心とするライター・編集者およびプロダクション経営者として約30年間東京で活動。2005年から郷里の新潟県佐渡市に拠点を移し、地域活性化のためのさまざまな活動に取り組んでいる。

竹森ジニー(たけもり じにー)

日本をベースに翻訳者・編集者として活動。SOAS (ロンドン大学) 日本語学科を卒業、現在、シェフィールド大学で博士号を取得中。翻訳書に『不思議の国ニッポン』(IBCパブリッシング刊)、『日本の現代演劇ガイドブック』(ジャパン・ファウンデーション刊) などがある。ほかに幸田露伴、泉鏡花らの短編の翻訳も手がける。

ニッポンのしきたり[改訂版] (Customs of Japan (Revised Edition))/土屋晴仁 (対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)表紙

ニッポンのしきたり[改訂版]/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)ニッポンのしきたり[改訂版]/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)ニッポンのしきたり[改訂版]/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)ニッポンのしきたり[改訂版]/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)ニッポンのしきたり[改訂版]/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)ニッポンのしきたり[改訂版]/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)

アマゾンの「ニッポンのしきたり[改訂版]」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0222-0
タイトル ニッポンのしきたり[改訂版] (Customs of Japan (Revised Edition))
著者 土屋晴仁 (著者)、竹森ジニー (翻訳)
紙書籍定価 本体 1,400円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2013/07
ページ数 176 ページ
判型 新書判
本のサイズ 188 x 113mm
シリーズ分類 対訳ニッポン双書

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「ニッポンのしきたり[改訂版]」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング