五輪書
The Book of Five Rings

宮本武蔵 (著者)、西海コエン (現代語訳)、マイケル・ブレーズ (英語訳)

なぜ、ハーバード・ビジネススクールが本書を経営学のテキストに選んだのか?

究極の現実主義者である宮本武蔵が、どんな困難な状況においても、勝ち抜くための哲理を伝授する人生の指南書。日本人に向けたビジネスコミュニケーションに関する書籍を多数執筆し、その分野のコンサルタントとしても活躍する西海コエンが、現在の目で現代語訳。各巻末のコラムも読解のヒントになる。

例えば「水の巻」で、〈五つ構え〉の重要性を説きながら、臨機応変に構えを変化させる柔軟性を説明するところ。あるいは、敵の動きとその微妙な心理を見極めながら、戦術を巧みに変えてゆくところ。さらには、一見華やかに見える邪道や枝葉末節にとらわれず、ゆったりと構えながら、それでいて巧妙かつ迅速に相手の弱みにつけ込んでゆくセンスなど、この一つ一つの文章からビジネスでの実戦につながるヒントが見えてきます。

ー まえがきより

宮本武蔵(みやもと むさし)

1584年 (天正12) 生まれ。1645年 (正保2) 死去。二天一流という二刀流剣法の祖。号は二天、名は玄信。『五輪書』では播磨国 (兵庫県) 生まれと記されているが、美作 (岡山県) 生まれの説もある。13歳のときから生涯で60余度の真剣勝負を行い、一度も負けなかったとされる。1612年 (慶長17)、武蔵29歳のときの佐々木小次郎との巌流島 (舟島;山口県下関市) の決闘はあまりにも有名。1943年 (寛永19) 10月から岩戸山 (熊本県) の霊巌洞にこもり『五輪書』の執筆を始める。「枯木鳴鵙図」「芦雁図」など、書画でも優れた作品を残した。

西海コエン(Coen Nishiumi)

米国在住のビジネスコンサルタントおよびトラベルライター。旅行誌など多数に、旅、文化、歴史に関する記事を寄稿。東京とニューヨークをベースに取材、撮影、インタビューなどをするプロダクションを運営。日本人に向けたビジネスコミュニケーションに関する書籍を多数執筆。その分野のコンサルタントとしても活躍する。

マイケル・ブレーズ(Michael Brase)

30年以上にわたって、日本の大手出版社に編集者として勤務。独立後、フリーの翻訳者・編集者として活躍。翻訳書に日野原重明著『生き方上手』(ラダーシリーズ Living Long, Living Good)、矢野功著『まんが宮沢賢治』(The Manga Biography of Kenji Miyazawa) など多数。2005年に、オンデマンド出版社 Japan & Stuff Press を設立。

五輪書 (The Book of Five Rings)/宮本武蔵 (対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)表紙

五輪書/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)五輪書/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)五輪書/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)五輪書/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)五輪書/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)五輪書/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)

アマゾンの「五輪書」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0122-3
タイトル 五輪書 (The Book of Five Rings)
著者 宮本武蔵 (著者)、西海コエン (現代語訳)、マイケル・ブレーズ (英語訳)
紙書籍定価 本体 1,400円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2011/12
言語 日本語・英語バイリンガル書
ページ数 178 ページ
判型 新書サイズ
本のサイズ 188 x 133mm
シリーズ分類 対訳ニッポン双書

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「五輪書」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング