日本人が誤解される100の言動:
国際交流やビジネスで日本を再生するためのヒント
100 Cross-Cultural Misunderstandings Between Japanese People and Foreigners

山久瀬洋二 (著者)、ジェイク・ロナルドソン (訳者)

英語力がある人ほど陥りやすいワナとは?!日本人が誤解を受けるメカニズムを徹底的に追求し、最善の解決策を具体的に伝授!

欧米をはじめ、日本・中国・インドの大手グローバル企業96社4500名の異文化摩擦を解決してきたカリスマ・コンサルタントによる「英語で理解し合う」ための指南書第2弾!

日本人が誤解される100の言動


【著者インタビュー】

海外の人とコミュニケーションをするとき、多くの人は英語がうまくしゃべれないことを気にして、英語さえうまく操れればと思ってしまいます。実は、英語力に多少問題があっても、海外の人とうまくやっていける人もいれば、英語は上手なのに、相手に思わぬ誤解や不信感を与えてしまう人がいることに、どれだけの人が気づいているでしょうか。

ー 山久瀬洋二 (著者) 前書きより

日本人が誤解される100の言動 目次抜粋

  • 第1部 誤解のプロセス一般編
    不可解な価値観、誤解される行動
  • 第2部 誤解のプロセス応用編
    決裁、交渉、そしてビジネス・コミュニケーション
    • 第1章 スペースシャトルの打ち上げ vs. セスナの飛行
      滑稽かつ深刻!! 価値観の違いがビジネスでの思わぬ落とし穴
    • 第2章 世界 vs. 日本
      日本にこだわりすぎる日本人

山久瀬洋二(やまくせ ようじ)

1955年大分県生まれ。日本の大手出版社のニューヨーク駐在員を経て独立。同地にメディアエージェントおよびコンサルティングファームを設立。以降アメリカの異文化ビジネスに関するコンサルティングファームであるクラーク・コンサルティング・グループなどのシニアコンサルタントとして注目を浴びる。日本や欧米の100社近くに及ぶグローバル企業での人事管理、人材開発を中心としたコンサルティング活動を展開。特に異文化環境でのプロジェクト進行などをテーマにした様々なジョイントプロジェクトの立ち上げに関わる。
山久瀬洋二 公式ブログ

ジェイク・ロナルドソン(Jake Ronaldson)

カナダのオンタリオ州生まれ。2000年に来日し、現在は妻、子供と東京に在住。フリーライターとして、音楽・映画雑誌などへの記事の寄稿、翻訳などを多数手がける。執筆活動のほかに、日本人に英語を教えるクラスなどもひらいている。

日本人が誤解される100の言動: 国際交流やビジネスで日本を再生するためのヒント (100 Cross-Cultural Misunderstandings Between Japanese People and Foreigners)/山久瀬洋二 (対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)表紙

日本人が誤解される100の言動/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)日本人が誤解される100の言動/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)日本人が誤解される100の言動/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)日本人が誤解される100の言動/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)日本人が誤解される100の言動/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)日本人が誤解される100の言動/対訳ニッポン双書/IBCパブリッシング)

アマゾンの「日本人が誤解される100の言動」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

本書の電子ブック版の販売サイト

書籍情報

学校採用 学校採用品(2011年度)
ISBN 978-4-7946-0059-2
タイトル 日本人が誤解される100の言動: 国際交流やビジネスで日本を再生するためのヒント (100 Cross-Cultural Misunderstandings Between Japanese People and Foreigners)
著者 山久瀬洋二 (著者)、ジェイク・ロナルドソン (訳者)
紙書籍定価 本体 1,400円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2010/12
言語 日本語・英語バイリンガル書
ページ数 256 ページ
判型 新書サイズ
本のサイズ 188 x 133mm
シリーズ分類 対訳ニッポン双書

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「日本人が誤解される100の言動」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング