IBCラダーシリーズサポート IBCラダーシリーズ  >

ホーム > IBCラダーシリーズ > FEATURE > ヴィッキー・ベネット氏インタビュー[第1回]

FEATURE


松澤喜好氏インタビュー
第1回(10月26日更新)
第2回(11月6日更新)

第3回(11月13日更新)

第4回(11月20日更新)

第5回(11月27日更新)


●過去のFEATURE

ヴィッキー・ベネット氏
インタビュー(全2回)

神崎 正哉 氏インタビュー(全6回)

鹿野 晴夫 氏インタビュー(全5回)

ミゲール・リーヴァスミクー氏 インタビュー(全3回)

ステュウット ヴァーナム‐アットキン氏インタビュー(全4回)

石井正仁氏インタビュー

ブランコ・マノイロビッチ氏 インタビュー

日野原 重明氏インタビュー

秋元 良平氏インタビュー

金谷 憲教授の
多読トレーニング

岩本 秀雄氏インタビュー

養老 孟司氏インタビュー


阿部 一教授の
超リスニング法

IBC PUBLISHING へ戻る

ヴィッキー・ベネット氏インタビュー 第1回「夫がインスピレーションの源です」

ラダーシリーズ『恋と仕事にスグ効く英語100』の著者のおひとりである、オーストラリアで大人気の作家、ヴィッキー・ベネットさんにお話をうかがいました。
第1回

「夫がインスピレーションの源です」

第2回 「人生のバランスをとるのは難しい」
―When you write a book, where do you get the ideas from? Or what things inspire you the most?
執筆の際、アイデアはどこで得ますか? また、最もインスピレーションを与えてくれるものは何ですか?
I wrote this book with my husband Ian Mathieson. First of all he is an inspiration for me. He is kind, loving, loyal, funny, and intelligent and makes me laugh.
この本は、夫のイアン・マシスンと一緒に書きました。何よりもまず、イアンが私にインスピレーションを与えてくれます。彼は優しいし、愛情深くて誠実です。それにおもしろくて知的で、私を笑わせてくれるんですよ。
Ian and I love exploring ideas and being creative; we especially enjoy thinking about people and relationships. We love the opportunity to develop and grow, as people and as a loving couple. Talking to many people about their feelings and experiences and writing together gives us the opportunity to do so. We do this with people about their careers, leadership, and people in partnerships and relationships.
私たちは、アイデアを探求したり、想像力を働かせたりするのが大好きです。特に、人々や人間関係について考えることを楽しんでいます。私たちは、人間として、愛し合う男女として、向上し成長できるようなことが大好きです。たくさんの人と話をして、彼らの経験や感情について聞き、それを夫と一緒に文章にすることは、まさにその機会を与えてくれます。私たちは、キャリアやリーダーシップについて、そして彼らが直面しているパートナーシップや人間関係について書いています。
I am also inspired by the women we have talked with in writing this book. They have inspired me with their truth, openness, intelligence and vision for the future. I am reassured that the world will be in good hands with the young women whom we wrote this book for who have careers and want balance in their lives.
それから、この本を書く中で出会った女性たちからもインスピレーションを与えられました。彼女たちの本音、率直さ、知性や将来のビジョンに刺激されました。そして、この本の読者となるであろう、仕事と人生のバランスを保とうとしている若い女性たちの将来は、明るいと再確認しました。
―Do you have any side stories about this book? Were there any happenings or troubles?
この本にまつわる裏話があれば教えてください。 何か、ハプニングや問題はありましたか?  
This is a very special book because as we were writing it, Ian and I really came to know each other much better and we fell in love a little bit more as a result of writing it. We developed our friendship through working on this book.
この本はとても特別な1冊です。書きながらイアンと私は、本当にお互いをより深く理解し合うようになり、書き終えるとちょっぴりお互いの愛情が深まっていたのです。この本を書き上げることで、私たちの友情もいっそう強まりました。
We talked about ideas for the book with each other and we had many interesting discussions late into the night about what to write about to help women to live fantastic lives.
私たちは本のアイデアについて話し合ったり、何を書けば女性がすばらしい人生を送るためのヒントになるかなど、たくさんの興味深い議論を夜遅くまでしました。
We would write a couple of chapters each then we came back to discuss these chapters and edit each other’s work and sometimes add or delete things. We had to learn to share ideas and insights in a very different and intimate level to write this book together.
それぞれが数章書いてはその内容について議論し、お互いの作品に手を加えたものです。書き足したり削除したりすることもありました。私たちはこの本を一緒に書くことで、(今までと)全く違った深いレベルでお互いの考えや物の見方を理解し合うことを学びました。
―Whose saying do you like the best? And why?
特別に気に入っている言葉はありますか? それはなぜですか? 
We love the quote in “Signposts for Balance in Love and Work” by Eleanor Roosevelt: “The future belongs to those who believe in the beauty of their dreams”
私たちは『恋と仕事にスグ効く英語100』にも引用したエレノア・ルーズベルトのこの言葉が大好きです。「未来は美しい夢を信じる人のためにある。」
We love this quote because our dreams are our lifeline to the future. We have so much power and ability to create a wonderful future for ourselves and if we have the courage to think big about our future we can achieve anything we want.
気に入っている理由は、夢は未来への生命線だと思うからです。私たちは、自分のために素晴らしい未来を形造る大きなパワーと能力を持っています。そして自分の未来を大きく描く勇気があれば、どんな夢でも叶えることができます。

We also love this quote because it is by Eleanor Roosevelt who was the First Lady in USA during a time when women were really asserting themselves and becoming more influential. She paved the way for women in that generation and future generations to be leaders and to be powerful in their own right.

< to be continued >

また、この言葉を好きな理由がもう1つあります。エレノア・ルーズベルトは、女性が自分を主張し、影響力を持ち始めた時代に、アメリカ大統領夫人を務めた人物だからです。彼女は、当時の女性と後世の女性が、自らの力でリーダーシップを執り、力強くあるための道を切り開いたのです。
続きを読む

このページの先頭へ
  ヴィッキー・ベネット氏写真
ヴィッキー・ベネット(右)
Vicki Bennett

作家、ビジネストレーナー。世界20カ国以上で発売された『絶対しあわせになる100の魔法・10の鍵』のほか、著書多数。左は夫で共著者のイアン・マシスン。5人の子供を育て上げた夫妻は、現在オーストラリア・ブリスベンで暮らす。
www.vickibennett.com

表紙画像
Signposts For Balance In Love And Work
『恋と仕事にスグ効く英語100』
ヴィッキー・ベネット/イアン・マシスン 共著
IBCパブリッシング
ISBN 978-4-89684-478-8


Copyright © IBC Publishing, Inc. 無断転載・複製を禁じます。
LEVEL 1 LEVEL 2 LEVEL 3 LEVEL 4 LEVEL 5