やさしいロシア語で読む 罪と罰
ПРЕСТУПЛЕНИЕ и НАКАЗАНИЕ

フョードル・ドストエフスキー (著者)、ユーリア・ストノーギナ (リライト)

ロシアの文豪ドストエフスキーの長編小説「罪と罰」を、コンパクトに、そして読みやすいロシア語で書き改めた一冊。ロシア語の多読トレーニングにも最適。

時は帝政ロシア後期。舞台は華やかな宮廷生活とはうらはらに庶民が混沌と暮らすサンクトペテルスブルグ。そこでは、農奴制度や貧困に抗議し、先鋭な社会主義運動に身を投じる人も多くいた。当時のロシアの世相を見事に描き出したドストエフスキーの『罪と罰』。19世紀後半のロシアの世情を知り、そこで苦しむ一人の若者を通して我々に語りかける命や愛についての葛藤を、わかりやすいロシア語で味わえます。時間がないけどロシア語で『罪と罰』を読みたいという人にもおすすめです。

【本書の特徴】

フョードル・ドストエフスキー(Fyodor Dostoevsky, 1821–1881)

プーシキンやトルストイ、ツルゲーネフとともに、19世紀のロシアを代表する作家。モスクワの貧民救済病院の医師の次男として生まれ、15歳までモスクワで暮らす。工兵学校生時代と作家時代を送ったサンクトペテルスブルグは、物語の舞台として数々の作品に登場する。1846年、『貧しき人々』でデビューした当時は「ゴーゴリの再来」と呼ばれた。1849年、社会主義運動のサークルに所属していた件で捕まり、シベリアの牢獄へと送られる(『死の家の記録』に詳しい)。以後、俗に五大長編と呼ばれる小説群『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『未成年』、『カラマーゾフの兄弟』を書き上げた。

ユーリア・ストノーギナ(Юлия Стоногина)

モスクワ大学ジャーナリズム学部卒業。ロシアの大手ラジオ会社に勤務し、自身の番組でパーソナリティーを務める。その後、ロシア企業と日本企業を結ぶコミュニケーション・広報活動を行う。2010年、来日後は、日露関係のスペシャリストとして活躍。雑誌への寄稿、記事掲載のほか、共同研究論文『ロシアと日本:21世紀の隣人』の共著者でもある。

やさしいロシア語で読む 罪と罰 (ПРЕСТУПЛЕНИЕ и НАКАЗАНИЕ)/フョードル・ドストエフスキー (ロシア語/IBCパブリッシング)表紙

やさしいロシア語で読む 罪と罰/ロシア語/IBCパブリッシング)やさしいロシア語で読む 罪と罰/ロシア語/IBCパブリッシング)やさしいロシア語で読む 罪と罰/ロシア語/IBCパブリッシング)やさしいロシア語で読む 罪と罰/ロシア語/IBCパブリッシング)やさしいロシア語で読む 罪と罰/ロシア語/IBCパブリッシング)

アマゾンの「やさしいロシア語で読む 罪と罰」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0372-2
タイトル やさしいロシア語で読む 罪と罰 (ПРЕСТУПЛЕНИЕ и НАКАЗАНИЕ)
著者 フョードル・ドストエフスキー (著者)、ユーリア・ストノーギナ (リライト)
紙書籍定価 本体 1,500円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2015/08
ページ数 142 ページ
判型 新書判変型
本のサイズ 188 x 114mm

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「やさしいロシア語で読む 罪と罰」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング