マザー・テレサ
Mother Teresa

話民 (著者)

『愛の反対は憎しみではない。それは無関心なのです。』

旧ユーゴスラビア (現マケドニア) で、敬虔なキリスト教徒の両親の元に生まれたテレサ (幼名アグネス・ゴンジャ・ボヤージュ) は、1928年、修道女となり志願してインドに渡る。「貧しい人のなかでもいちばん貧しい人たちのために一生を捧げる」ことを決意し、カルカッタの貧民街で活動を始めたテレサは、その後「神の愛の宣教者会」女子修道会を創立、以来「マザー・テレサ」とよばれる。

「死を待つ人の家」「孤児の家」「救らい活動」の施設をインド各地に展開、インドのみならず世界各地に施設を広げ活躍し、79年ノーベル平和賞を受賞した。貧しい人、病める人たちのために一生を捧げたマザー・テレサの生涯をマンガで追う。若いころのテレサや、カルカッタのマザー・ハウスの部屋などの写真も収録。

英語マンガ「マザー・テレサ (Mother Teresa)」中身サンプル

生涯を通してマザーの行動の根本にあったのは「自分にできる、目の前のただひとりの人間に必要なことを、手に届く範囲でする」というとてもシンプルな、それ故に力強い考え方でした。(中略) 水の一滴がないと大きな海はできないように、一人一人の小さな行いなくしては何もはじまらないのだと、マザーはその生涯を通して身をもって教えてくれたのです。

ー 著者まえがきより

話民 (Watami )

日本で活躍する、有望な若手マンガ家。作品のテーマは、都会のラブロマンス・コメディーから家庭内暴力に反対するシリアスな社会派ものまでと幅広い。横浜郊外に在住し、刺激的なマンガを描きつづけている。

マザー・テレサ (Mother Teresa)/話民  (対訳マンガ偉人伝/IBCパブリッシング)表紙

マザー・テレサ/対訳マンガ偉人伝/IBCパブリッシング)マザー・テレサ/対訳マンガ偉人伝/IBCパブリッシング)マザー・テレサ/対訳マンガ偉人伝/IBCパブリッシング)マザー・テレサ/対訳マンガ偉人伝/IBCパブリッシング)マザー・テレサ/対訳マンガ偉人伝/IBCパブリッシング)マザー・テレサ/対訳マンガ偉人伝/IBCパブリッシング)

アマゾンの「マザー・テレサ」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

本書の電子ブック版の販売サイト

書籍情報

学校採用 学校採用品(2011年度)
ISBN 978-4-7946-0092-9
タイトル マザー・テレサ (Mother Teresa)
著者 話民 (著者)
紙書籍定価 本体 1,300円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2011/06
言語 日本語・英語バイリンガル書
ページ数 184 ページ
判型 四六判
本のサイズ 188 x 128mm
シリーズ分類 対訳マンガ偉人伝

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「マザー・テレサ」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング