絵で見る英語・外国語シリーズとは

40カ国以上で出版され、70年間売れ続けている、世界が認めた英語学習書の名作

「絵で見る英語」は、ハーバード大学言語研究所で開発された外国語教授法!1945年に出版され、たちまち世界中でベストセラーとなった英語学習書の古典的名作です。日本語を使わずに、イラストと英語だけで書かれた本書は、「英語を英語のまま」習得し、初心者が少ない語彙だけで日常生活を表現できるよう工夫されています。

絵で見る英語シリーズ 書籍一覧へ絵で見る外国語シリーズ 書籍一覧へ

著者の I・A・リチャーズ (1893-1979) は、20世紀英語圏の文芸批評家として言語感覚随一と評された人物でした。彼は1930〜38年にかけて中国で英語・英文学を教えましたが、その時深い文化的ショックを受け、それ以降異文化において英語を学ぶための教材の開発に力を注ぎました。その経験から彼が学んだことは、「入門の段階においては母語を媒介しないのがよい」ということでした。

私たちは言葉ができなくても、身振り手振りでなんとか用を足すことができます。この本はそのような身振りに英語をのせていきます。自分を指さして“I”と言います。相手を指さして、その動作に“YOU”という言葉をのせます (1ページ)。これがこの本の使い方です。

絵で見る英語サンプル

この本では意味は絵で明快に示されていますから、あえて訳すまでもありません。やさしいことを積み重ねていきますから、いつのまにか英語で考えていることになります。心がけていただきたいのは、かならず身振り手振りをしながら、英語を声に出すことです。

書籍検索

IBC ホーム

英語を読む

英語を聴く

英語と比較する

英語以外の外国語

日本を英語で紹介する

英語を絵で覚える

英語力を鍛える

気がつけばバイリンガル

ビジネス書

ユニークな和書