A Technique for Producing Ideas
アイデアの作り方

ジェームス・ウェブ・ヤング (著者)

ラダーシリーズレベル5やさしい英語で書かれたラダーシリーズレベル5
使用語彙 制限無し

「どうすればアイデアを手に入れることができるのか」。広告業界の第一線で活躍してきた著者が、この問いかけに真っ向から取り組んだ。アイデアは突然浮かんでくるのか、生まれもった特別な才能が必要なのか。そうではない。アイデアをつくる作業は、自動車の製造と同じ流れ作業なのだ。アイデアを生み出すための公式を惜しみなく紹介。半世紀にわたって読み継がれるクリエイターのバイブル。

アイデアの作り方 目次抜粋

  • Foreword by Keith Reinhard
  • Foreword by William Bernbach
  • Prefatory Note

    How It Started
  • The Formula of Experience
  • The Pareto Theory
  • Training the Mind
  • Combining Old Elements
  • Ideas Are New Combinations
  • The Mental Digestive Process
  • Constantly Thinking About It
  • The Final Stage
  • Some After Thoughts

    Word List

ジェームス・ウェブ・ヤング(James Webb Young, 1886-1973)

アメリカ、ケンタッキー州生まれ。10代のころからさまざまな職業を体験し、26歳でアメリカ最大の広告代理店トムプソン社に入社。すぐに頭角を現し、広告の制作に手腕を振るう。42歳で一線を退いた後は、シカゴ大学で教鞭をとるかたわら、出版、通信販売などさまざまな仕事を手がけた。トムプソン社の常任最高顧問、アメリカ広告代理行協会の会長などを歴任。

アイデアの作り方 (A Technique for Producing Ideas)/ジェームス・ウェブ・ヤング (ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)表紙

アマゾンの「アイデアの作り方」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

学校採用 学校採用品(2011年度)
ISBN 978-4-89684-095-7
タイトル A Technique for Producing Ideas (アイデアの作り方)
著者 ジェームス・ウェブ・ヤング (著者)
紙書籍定価 本体 800円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2005/07
総単語数 6,420語
ページ数 80 ページ
判型 新書判
シリーズ分類 ラダーシリーズ
レベル5

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「アイデアの作り方」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング