The Man Who Planted Trees
木を植えた男

ジャン・ジオノ (著者)

ラダーシリーズレベル5やさしい英語で書かれたラダーシリーズレベル5
使用語彙 制限無し

プロヴァンス地方の高地を旅していた私は、ひとりの男に出会った。男は人里離れた山腹に、たった一人で住んでいた。そして荒れ地をよみがえらせるため、見返りを求めず、人に知られることなく、ただ静かに木を植え続けていた。死にかけた大地は、やがて希望にあふれた緑の森へと生まれ変わっていく。真の偉業をなしとげる人間の素晴らしさを語りかけるジャン・ジオノの代表作。

ジャン・ジオノ(Jean Giono, 1895-1970)

南フランスのプロヴァンス地方マノスク生まれ。銀行勤めのかたわら詩の創作に目覚める。同人誌に発表した小説『丘陵』がアンドレ・ジイドの目にとまったことから、作家としての活動を始める。小説以外にも詩や翻訳、エッセイ、映画の脚本などを手がけ、その多くは生涯を過ごしたプロヴァンス地方を舞台としている。代表作に『木を植えた男』『気晴らしのない王様』『いかさまトランプ師の冒険』。映画『河は呼んでいる』(脚本) などがある。

木を植えた男 (The Man Who Planted Trees)/ジャン・ジオノ (ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)表紙

アマゾンの「木を植えた男」販売サイトへ

本書の電子ブック版の販売サイト

書籍情報

学校採用 学校採用品(2011年度)
ISBN 978-4-89684-093-3
タイトル The Man Who Planted Trees (木を植えた男)
著者 ジャン・ジオノ (著者)
紙書籍定価 本体 800円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2005/07
総単語数 3,480語
ページ数 56 ページ
判型 新書判
シリーズ分類 ラダーシリーズ
レベル5

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「木を植えた男」販売サイトへ