The Book of Tea
茶の本

岡倉天心 (著者)

ラダーシリーズレベル4やさしい英語で書かれたラダーシリーズレベル4
使用語彙2000語

日本が世界に誇る名著

「唯一茶を通してのみ、西洋と東洋は理解し合うことができる」明治時代、文明開化・西洋化が叫ばれる中、天心は時代の波にあらがうかのように、日本美術の保護に奔走した。英文で執筆された『茶の本』は、1906年にニューヨークで出版され、東洋、そして日本文化のすばらしさを西洋に広く知らしめることとなった。本書は、世界を見据え、日本人としての気概を持って生きた明治の知識人、岡倉天心の会心の作である。

『茶の本』は新渡戸稲造の『武士道』にも並び評される、日本が世界に誇る名著です。もともと1906年に天心が英文で執筆したものを、英語学習者向けに、今日の私たちでも読みやすい英語でリライトしました。もともと英語で書かれた本書、一度は英文で読みたい1冊です。

茶の本 目次抜粋

  • The Cup of Humanity
  • The Schools of Tea
  • Taoism and the Way of Tea
  • The Tea Room
  • Enjoying Art
  • Flowers
  • The Tea Masters

    Word List

岡倉天心(おかくら てんしん, 1862-1913)

明治時代の美術評論家、思想家。本名覚三。東京大学在学中、アメリカ人教師アーネスト・フェロノサと出会い、日本美術に目覚める。卒業後は文部省に入省し、美術行政を担当。1887年、東京藝術大学の前身である東京美術学校を設立。後に校長となる。その後日本美術院を設立。日本美術の保護に取り組むかたわら、英文書『茶の本』(1906年)『東洋の思想』(1903年)などを通して、世界に東洋文化のすばらしさを広めた。

茶の本 (The Book of Tea)/岡倉天心 (ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)表紙

アマゾンの「茶の本」販売サイトへ

書籍情報

学校採用 学校採用品
ISBN 978-4-89684-674-4
タイトル The Book of Tea (茶の本)
著者 岡倉天心 (著者)
紙書籍定価 本体 800円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2008/01
総単語数 9,810語
ページ数 112 ページ
判型 新書判
シリーズ分類 ラダーシリーズ
レベル4

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「茶の本」販売サイトへ