Sakamoto Ryoma
坂本龍馬

西海コエン (著者)

ラダーシリーズレベル4やさしい英語で書かれたラダーシリーズレベル4
使用語彙2000語

土佐一国では飽き足らず、江戸に出た龍馬が見たのは圧倒的な西洋の技術力、そして開かれた貿易の様子だった。海に囲まれた日本であれば、強い海軍を持ち、諸外国と対等な関係を結ぶことが、日本の進むべき道と決めた龍馬は、激動の幕末を強い信念を持って駆け抜ける。新政府への期待、新しい時代への夢を膨らませる龍馬だったが、11月15日、近江屋の2階で不意を襲われ帰らぬ人に。奇しくもその日は龍馬の33歳の誕生日であった。

坂本龍馬 登場人物

坂本龍馬 目次抜粋

西海コエン(にしうみ こえん / Coen Nishiumi)

米国在住のビジネスコンサルタントおよびトラベルライター。旅行誌など多数に、旅、文化、歴史に関する記事を寄稿。東京とニューヨークをベースに取材、撮影、インタビューなどをするプロダクションを運営。日本人に向けたビジネスコミュニケーションに関する書籍を多数執筆。その分野のコンサルタントとしても活躍する。

坂本龍馬 (Sakamoto Ryoma)/西海コエン (ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)表紙

坂本龍馬/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)坂本龍馬/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)坂本龍馬/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)坂本龍馬/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)坂本龍馬/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)坂本龍馬/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)

アマゾンの「坂本龍馬」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0035-6
タイトル Sakamoto Ryoma (坂本龍馬)
著者 西海コエン (著者)
紙書籍定価 本体 900円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2010/03
総単語数 22,010語
ページ数 183 ページ
判型 新書判
シリーズ分類 ラダーシリーズ
レベル4

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「坂本龍馬」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング