A Study in Scarlet
シャーロック・ホームズ/緋色の研究

コナン・ドイル (著者)

ラダーシリーズレベル3やさしい英語で書かれたラダーシリーズレベル3
使用語彙1600語

空き家で見つかったアメリカ人男性の死体。外傷はまるでないのに、その顔は恐怖と苦痛にゆがみ、現場には血痕と、そして血で書かれた謎のメッセージが残されていた。男性の死因は何なのか? 彼が持っていた女性ものの指輪は何を示すのか? 名探偵ホームズと、その相棒ワトソン。世界的に有名なこの二人の最初の出会いと、まだ息の合わない二人が、初めて一緒に手がけた事件を描いた長編。

シャーロック・ホームズ/緋色の研究 目次抜粋

  • 読み始める前に
  • Part 1. Being a Reprint from the Records of Dr. John H. Watson
    • Chapter 1. Mr. Sherlock Holmes
    • Chapter 2. The Science of Deduction
    • Chapter 3. The Lauriston Gardens Mystery
    • Chapter 4. What John Rance Had to Tell
    • Chapter 5. Our Notice Brings a Visitor
    • Chapter 6. Tobias Gregson Shows What He Can Do
    • Chapter 7. Light in the Darkness
  • Part 2. The Country of the Saints
    • Chapter 1. On the Great Salt Plain
    • Chapter 2. The Flower of Utah
    • Chapter 3. John Ferrier Talks with the Prophet
    • Chapter 4. A Flight for Life
    • Chapter 5. The Avenging Angels
    • Chapter 6. A Continuation of the Records of John Watson
    • Chapter 7. The Conclusion
  • Word List

コナン・ドイル(Sir Arthur Conan Doyle, 1859-1930)

イギリス、エディンバラ生まれ。医大を卒業し診療所を開業するが順調にいかず、仕事の合間に小説を書き始める。最初のホームズ作品『緋色の研究』は話題とならなかったが、『ストランド・マガジン』に連載を始めてから、絶大な人気を得た。長年にわたって執筆を続け、ホームズ作品は全40篇以上を数える。推理小説以外にも、歴史小説やSFなどを発表している。

シャーロック・ホームズ/緋色の研究 (A Study in Scarlet)/コナン・ドイル (ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)表紙

シャーロック・ホームズ/緋色の研究/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)シャーロック・ホームズ/緋色の研究/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)シャーロック・ホームズ/緋色の研究/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)シャーロック・ホームズ/緋色の研究/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)シャーロック・ホームズ/緋色の研究/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)シャーロック・ホームズ/緋色の研究/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)

アマゾンの「シャーロック・ホームズ/緋色の研究」販売サイトへ

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0164-3
タイトル A Study in Scarlet (シャーロック・ホームズ/緋色の研究)
著者 コナン・ドイル (著者)
紙書籍定価 本体 900円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2012/08
総単語数 20,670語
ページ数 168 ページ
判型 新書判
シリーズ分類 ラダーシリーズ
レベル3

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「シャーロック・ホームズ/緋色の研究」販売サイトへ