The Chrysanthemum and the Sword
菊と刀

ルース・ベネディクト (著者)

ラダーシリーズレベル3やさしい英語で書かれたラダーシリーズレベル3
使用語彙1600語

西洋の行動規範、考え方がまったく当てはまらない未知の国日本。その日本を相手に戦うことになったアメリカは、日本人の行動や性格、その特有の思考方法を知る必要に迫られた。美を愛し菊づくりに秘術を尽くす一方で、刀を崇拝し、最高の栄誉を武士に与えるという、欧米の文化的伝統からすると矛盾を含む日本人。戦時中でもあり日本での現地調査ができない中でのルース・ベネディクトのこの研究成果は、われわれ日本人にも多くの教訓を与える「日本人論」として、長く読み継がれている。本書には、日本語による「本書が書かれた時代背景と解説」も含まれている。

「菊と刀」(ルース・ベネディクト)が書かれた時代背景

菊と刀 目次抜粋

  1. Assignment: Japan
  2. The Japanese in the War
  3. Taking One’s Proper Station
  4. The Meiji Reform
  5. In Debt to the Past and to the World
  6. Paying Back One-Ten-Thousandth
  7. The Most Difficult Repayment
  8. Clearing One’s Name
  9. The Circle of Human Feelings
  10. The Dilemma of Virtue
  11. Self-discipline
  12. The Child Learns
  13. The Japanese Since World War II
  14. Word List

ルース・ベネディクト(Ruth Benedict, 1887–1948)

ニューヨーク生まれ。文化人類学者。ヴァッサー大学卒業後、アメリカ人類学会の設立にも尽力したコロンビア大学のフランツ・ボアズの指導のもと人類学の研究を始めた。第二次世界大戦中の1944年にアメリカ情報局の依頼で日本関連の調査を開始し、2年後、その研究成果を『菊と刀』として出版した。

菊と刀 (The Chrysanthemum and the Sword)/ルース・ベネディクト (ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)表紙

菊と刀/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)菊と刀/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)菊と刀/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)菊と刀/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)菊と刀/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)菊と刀/ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)

アマゾンの「菊と刀」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

本書の音声ダウンロード販売サイト

音声ダウンロード

書籍情報

学校採用 学校採用品(2011年度)
ISBN 978-4-7946-0043-1
タイトル The Chrysanthemum and the Sword (菊と刀)
著者 ルース・ベネディクト (著者)
紙書籍定価 本体 900円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2010/06
ページ数 148 ページ
判型 新書判
シリーズ分類 ラダーシリーズ
レベル3

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「菊と刀」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング