Strange Tales from Kwaidan
怪談―日本の奇妙な話

ラフカディオ・ハーン (著者)

ラダーシリーズレベル3やさしい英語で書かれたラダーシリーズレベル3
使用語彙1600語

日本の伝承、民話の収集に努めたラフカディオ・ハーン。本書はその代表作『怪談』から、最も有名な『耳なし芳一』『むじな』、愛ゆえに起きた不思議な話『お貞の話』『青柳の話』、さらには作者の原風景を描いたと思われる『日まわり』まで、8編の小説を収録している。

怪談―日本の奇妙な話 目次抜粋

  • The Story of Mimi-Nashi-Hoichi
  • Oshidori
  • The Story of O-Tei
  • Mujina
  • A Dead Secret
  • The Story of Aoyagi
  • Jiu-Roku-Zakura
  • Riki-Baka
  • Hi-Mawari

    Word List

ラフカディオ・ハーン(Lafcadio Hearn, 1850-1904)

アイルランド人の父とギリシア人の母のもとに生まれる。イギリスとフランスで教育を受け、1869年に渡米。新聞記者として活躍する。1890年に来日し、翌年日本人女性、小泉節子と結婚。日本の民族文化に魅せられ、1896年に日本に帰化し、小泉八雲 (こいずみやくも) の名で日本をテーマとした数々の著作を残す。主な著書に『怪談』『心』などがある。

怪談―日本の奇妙な話 (Strange Tales from Kwaidan)/ラフカディオ・ハーン (ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)表紙

アマゾンの「怪談―日本の奇妙な話」販売サイトへ

書籍情報

学校採用 学校採用品(2011年度)
ISBN 978-4-89684-585-3
タイトル Strange Tales from Kwaidan (怪談―日本の奇妙な話)
著者 ラフカディオ・ハーン (著者)
紙書籍定価 本体 700円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2007/09
総単語数 8,000語
ページ数 96 ページ
判型 新書判
シリーズ分類 ラダーシリーズ
レベル3

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「怪談―日本の奇妙な話」販売サイトへ