Walden
ウォールデン 森の生活

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー (著者)

ラダーシリーズレベル3やさしい英語で書かれたラダーシリーズレベル3
使用語彙1600語

アメリカの古典的名著が読みやすい英語になって登場。2年間におよぶ森での生活体験を描き、ネイチャーライティングの源流ともなった21世紀必読の書。

19世紀半ば、産業の急速な拡大が進むアメリカ。ソローはウォールデン池のほとりに小屋を建て、自給自足の生活を始める。2年2カ月にわたる森での暮らしの中で、彼は自然を観察し、自己について、そして人間と社会について書きつづった。物質社会に警鐘を鳴らし、シンプルに、自由に生きることを説いた必読の書。本書では、全17章のうち冒頭の「経済」「住んだ場所と目的」の2章を収録。

ウォールデン 森の生活 目次抜粋

  • Economy
  • Where I Lived, and What I Lived for

    Word List

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(Henry David Thoreau, 1817-1862)

アメリカ・マサチューセッツ州コンコード生まれ。ハーバード大学を卒業後、教師などさまざまな仕事をする一方、兄や当時親交をもっていたエマソンの影響で自然に親しむようになる。森での生活体験をまとめた『ウォールデン 森の生活』(1854) は、ネイチャーライティングの源流であると同時に優れた哲学書としても高く評価され、後の時代の詩人や作家、自然主義者に大きな影響を与えた。

ウォールデン 森の生活 (Walden)/ヘンリー・デイヴィッド・ソロー (ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)表紙

アマゾンの「ウォールデン 森の生活」販売サイトへ

楽天ブックス

本書の電子ブック版の販売サイト

書籍情報

学校採用 学校採用品(2011年度)
ISBN 978-4-89684-460-3
タイトル Walden (ウォールデン 森の生活)
著者 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー (著者)
紙書籍定価 本体 800円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2007/11
総単語数 17,400語
ページ数 128 ページ
判型 新書判
シリーズ分類 ラダーシリーズ
レベル3

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「ウォールデン 森の生活」販売サイトへ

楽天ブックス