QUILL: The Life of a Guide Dog
盲導犬クイールの一生

石黒謙吾 (文)、秋元良平 (写真)

ラダーシリーズレベル3やさしい英語で書かれたラダーシリーズレベル3
使用語彙1600語

やんちゃでマイペースな一匹の仔犬が、ある日、盲導犬の候補に選ばれた。育ての親パピーウォーカーとの楽しく気ままな毎日、訓練センターでのトレーニングの日々をへて、たくましく成長していくクイール。最良のパートナーとめぐり会い、盲導犬としての第一歩を踏み出すことになる。いくつもの出会いと別れを経験し、やがて晩年を迎える盲導犬の一生を記録した、珠玉の一冊。

盲導犬クイールの一生 目次抜粋

  • Prologue
  • The Birth of Quill
  • Puppy Walkers
  • Training Begins
  • Quill, the Guide Dog
  • A New Duty
  • Goodbye, Quill
  • Afterword
  • My Life with Guide Dogs (by Satoru Tawada)

    Word List

秋元良平(あきもと りょうへい・写真)

1955年生まれ。東京農業大学畜産学科卒。新聞社写真部の契約カメラマンを経て、現在はフリーランス・フォトグラファー。著書に写真集『盲導犬になったクイール』『老人と犬』(あすなろ書房)、『クイールは盲導犬になった』(こわせ たまみ・文 / ひさかたチャイルド)などがある。

石黒謙吾(いしぐろ けんご・文)

1961年、金沢市生まれ。雑誌編集者を経て、書籍づくりを手がける。主な著書に『パピーウォーカー』(全日出版)、『クイールへの手紙』(文藝春秋) がある。『犬と歩いて…』(全日本盲導犬使用者の会・著 / ワニブックス)、『GOOD DOG GOODS!』(石黒由紀子・著 / アスペクト) などの編集に携わる。

盲導犬クイールの一生 (QUILL: The Life of a Guide Dog)/石黒謙吾 (ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)表紙

アマゾンの「盲導犬クイールの一生」販売サイトへ

本書の音声ダウンロード販売サイト

音声ダウンロード

書籍情報

学校採用 学校採用品
ISBN 978-4-89684-174-9
タイトル QUILL: The Life of a Guide Dog (盲導犬クイールの一生)
著者 石黒謙吾 (文)、秋元良平 (写真)
紙書籍定価 本体 1,000円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2006/01
総単語数 11,040語
ページ数 172 ページ
判型 新書判
シリーズ分類 ラダーシリーズ
レベル3

関連おすすめリンク

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「盲導犬クイールの一生」販売サイトへ