Good-Bye, Mr. Chips
チップス先生さようなら

ジェームズ・ヒルトン (著者)

ラダーシリーズレベル3やさしい英語で書かれたラダーシリーズレベル3
使用語彙1600語

イギリスの伝統校ブルックフィールドで、半世紀以上にわたり教壇に立ったチップス先生。昔のスタイルを守りながらも、しゃれのきいた会話で生徒を楽しませてきた。いたずら盛りの教え子たちとの刺激に満ちた毎日、聡明な妻と語り合った日々。ブルックフィールドを去ったいま、さまざまな思い出がチップス先生の胸によみがえる。イギリスらしいユーモアとウィットにあふれ、世代を超えて親しまれる名作。

ジェームズ・ヒルトン(James Hilton, 1900-1954)

イギリス生まれ。ケンブリッジ大学卒業。チベットの理想郷「ジャングリ・ラ」を舞台にした長編小説『失われた地平線』を発表し、一躍話題を集める。1943年に発表した『チップス先生さようなら』は、本国イギリスのみならずアメリカでも大評判となった。のちにアメリカに移住し、帰化。

チップス先生さようなら (Good-Bye, Mr. Chips)/ジェームズ・ヒルトン (ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)表紙

アマゾンの「チップス先生さようなら」販売サイトへ

本書の音声ダウンロード販売サイト

音声ダウンロード

書籍情報

学校採用 学校採用品
ISBN 978-4-89684-057-5
タイトル Good-Bye, Mr. Chips (チップス先生さようなら)
著者 ジェームズ・ヒルトン (著者)
紙書籍定価 本体 800円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2005/07
総単語数 16,790語
ページ数 144 ページ
判型 新書判
シリーズ分類 ラダーシリーズ
レベル3

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「チップス先生さようなら」販売サイトへ