A Little Princess
小公女

フランシス・ホジソン・バーネット (著者)

ラダーシリーズレベル2やさしい英語で書かれたラダーシリーズレベル2
使用語彙1300語

母を亡くし、父親とインドで暮らしていたセーラは、父親と別れてロンドンの寄宿学校に入学することになる。心優しいセーラは友人にも恵まれ、特別待遇を受けて何不自由なく暮らしていた。そんなとき父親が破産して死んだという知らせが届き、豊かな生活は一転。セーラは屋根裏部屋でつらい生活を送ることになる。貧しくも優しさと誇りを失わない少女セーラの姿を描く、バーネットの代表作。

小公女 目次抜粋

  • Sara Arrives in England
  • Sara Makes Friends with the French Teacher
  • Sara Makes Friends with Ermengarde
  • Sara Becomes Lotie’s Mama
  • Becky Decides that Sara is a Princess
  • The Diamond Mines
  • Ermengarde and Lottie Visit Sara in the Attic
  • New Neighbors in Sara’s Lonely Life
  • Sara’s Father’s Friend Looks for Her
  • Magic Comes Back into Sara’s Life
  • And More Magic
  • Sara Meets Her Father’s Friend and Finds a New Home
  • Word List

フランシス・ホジソン・バーネット(Frances H. Burnett, 1849-1924)

イギリス、マンチェスター生まれ。幼いころに父と死別し、16歳の時、家族とともにアメリカに移住。生活費の足しにするため雑誌への投稿を始める。24歳で医師のスワン・バーネット氏を結婚。その後も作家として執筆を続け、1886年に発表した『小公子』により人気を不動のものとする。創作活動は晩年まで続け、『小公女』『秘密の花園』などの名作を残した。

小公女 (A Little Princess)/フランシス・ホジソン・バーネット (ラダーシリーズ/IBCパブリッシング)表紙

アマゾンの「小公女」販売サイトへ

本書の電子ブック版の販売サイト

本書の音声ダウンロード販売サイト

音声ダウンロード

書籍情報

学校採用 学校採用品(2011年度)
ISBN 978-4-89684-042-1
タイトル A Little Princess (小公女)
著者 フランシス・ホジソン・バーネット (著者)
紙書籍定価 本体 800円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2005/07
総単語数 13,780語
ページ数 136 ページ
判型 新書判
シリーズ分類 ラダーシリーズ
レベル2

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「小公女」販売サイトへ