音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!

浦島 久(著者)

日本について話す表現力と、自分の意見を発信する力を鍛える音読トレーニング!

そのまま会話に使える「現代の日本社会」をテーマに集めた、バラエティに富んだ35のトピックで行う音読学習書。ただ英文をうまく読むための音読ではなく、「英語で自分の意見を言えるようになる」ことを目指した学習ステップで構成されています。受験や各種資格試験対策に効果があり、実践的な英語力が身に付き、さらに日本人として必要なさまざまな知識も得られる、これからの英語学習新時代を見据えた一冊です。

音読の4つのステップ

  • ステップ1 準備運動
    • (1)一度聴いて内容を理解する
    • (2)速読して内容をさらに理解する
    • (3)精読して内容を完全に理解する
  • ステップ2 音読
    • (1)収録音声を使って音読
    • (2)収録音声を使わずに音読
  • ステップ3 シャドーイング
    • 即座に真似る、小さめの声で真似る、リラックスして真似る
  • ステップ4 サマリー&意見
    • (1)自分の英語で要約
    • (2)自分の意見を述べる

注意:本書に付属の CD-ROM に収録されている音声は、パソコンや MP3 プレーヤーなどで再生することができる MP3 ファイル形式です。このディスクは一般的な音楽CDプレーヤーでは再生できませんので、ご注意ください。MP3 ファイルの転送・再生につきましてはお使いの機器の説明書をご参照ください。 参考:付属CDから MP3音源をパソコンの音楽プレーヤーに取り込む方法について(http://www.ibcpub.co.jp/help/

浦島久 (うらしま ひさし)

1952年北海道豊頃町生まれ。小樽商科大学(経営学)、帯広畜産大学大学院修士課程(農業経済学)を修了。大学卒業後に松下電器産業株式会社(現・パナソニック株式会社)へ入社するが、1977年に北海道へUターンし、帯広市にて英会話学校「イングリッシュハウス・ジョイ」を設立。現在は、ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長、小樽商科大学特認教授。著書に『1分間英語で自分のことを話してみる』(中経出版)、『使える英会話 鉄板表現160 』(コスモピア)、『英会話3行革命』(小社刊)など多数。

音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう! (100 Things on Japanese History)/西海コエン (日本紹介/IBCパブリッシング)表紙

音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!/日本紹介/IBCパブリッシング)音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!/日本紹介/IBCパブリッシング)音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!/日本紹介/IBCパブリッシング)音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!/日本紹介/IBCパブリッシング)音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!/日本紹介/IBCパブリッシング)音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!/日本紹介/IBCパブリッシング)

アマゾンの「音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0533-7
タイトル 音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!
著者 浦島 久(著者)
紙書籍定価 本体 1,600円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2018/03
付属 MP3CD一枚付属
ページ数 168 ページ
判型 A5判

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング