Le Petit Prince
やさしいフランス語で読む 星の王子さま

サン=テグジュペリ (著)、Miki Terasawa (フランス語翻案)

読みやすい学習者向けフランス語リーダーでフランス語多読を始めよう。
語注・語句索引付き。

「お願い、ヒツジの絵を描いて……」砂漠に不時着した「僕」の前に現れた、不思議な男の子。それは、故郷の星を離れ、6つの星々をめぐって地球にやって来た、小さな王子さまだった。ヒツジの絵を描いてあげた「僕」は、王子さまと心を通わせ、忘れかけていた大切なことを次第に思い出していく。飛行士として、人間と大地を真摯に見つめ続けたサン=テグジュペリの、世界中で愛読される不朽の名作。

実は「やさしいフランス語」で読むことは、語学力のアップにもつながります。ほかの外国語と同様、フランス語は「フランス語特有の発想」で書かれています。学習者にはこの「発想」がわかりにくいのですが、どんなに「やさしいフランス語」で書かれていても、そこには「フランス語の発想」があります。したがって、「わかる、わかる」と楽しく読んでいるうちに、自然に「フランス語の発想」が理解できるようになります。

フランス語翻訳家 高野 優

サン=テグジュペリ(Antoine de Saint-Exupery, 1900-1944)

フランス、リヨン生まれ。海軍兵学校の受験に失敗し、兵役で航空連隊を志願する。除隊後、民間の郵便航空業界に入り、パイロットとして定期郵便飛行に従事する。1926年に作家としてデビュー。その後も航空業にかかわる傍ら、自信の飛行体験をもとに『夜間飛行』『人間の土地』などの名作を生み出す。43年にアメリカで『星の王子さま』を出版。第二次世界大戦中に33-2偵察部隊に配属され、44年にコルシカ島から偵察飛行に出たまま消息を絶つ。

Miki Terasawa(寺沢美紀)

米プリンストン大学卒業。ヨーロッパ文化、およびロマンス諸語を専攻する。フランスでは Institut d’Études FranÇaises d’Avignon で学び、エックス・アン・プロヴァンスにある Fondation Saint-John Perse で翻訳家として働く。現在は夫と共にカリフォルニアに在住。教育系出版社で編集を務める傍ら、フリーランスの翻訳家として活躍している。

やさしいフランス語で読む 星の王子さま (Le Petit Prince)/サン=テグジュペリ (フランス語/IBCパブリッシング)表紙

やさしいフランス語で読む 星の王子さま/フランス語/IBCパブリッシング)やさしいフランス語で読む 星の王子さま/フランス語/IBCパブリッシング)やさしいフランス語で読む 星の王子さま/フランス語/IBCパブリッシング)やさしいフランス語で読む 星の王子さま/フランス語/IBCパブリッシング)やさしいフランス語で読む 星の王子さま/フランス語/IBCパブリッシング)やさしいフランス語で読む 星の王子さま/フランス語/IBCパブリッシング)

アマゾンの「やさしいフランス語で読む 星の王子さま」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0327-2
タイトル Le Petit Prince (やさしいフランス語で読む 星の王子さま)
著者 サン=テグジュペリ (著)、Miki Terasawa (フランス語翻案)
紙書籍定価 本体 1,400円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2015/01
ページ数 158 ページ
判型 新書判変型
本のサイズ 188 x 114mm

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「やさしいフランス語で読む 星の王子さま」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング