英日対訳 日本現代史
Contemporary Japanese History: since 1945

ジェームス・M・バーダマン (著者)

アジア外交、日米中関係をいかに進展させていくのか? いまこそ、日本現代史を見つめ直すとき。日本在住30年のアメリカ人教授が、「外」からの冷静な視点も交え、現代史のターニングポイントとなる史実をピックアップ。

豊富な写真・資料とともに、終戦時の「玉音放送」から「ライブドア事件」「靖国問題」までを網羅。現代史の流れを一気につかめる。「マッカー サーは、大統領選に挑んだことがあった」「サザエさんには独身時代のマンガもあった」などのトリビアも満載。『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』が大好評のバーダマン教授が、日本在住30年の経験をいかしつつ「外」からの冷静な視点も交え、戦後から現代までの歴史をわかりやすく解説。「薬害エイズと厚生省」「フリーター」や「ゆとり教育」など、現代日本の論点や事件も取り上げています。英日対訳だから、学習やビジネスなど、様々な場面で役立ちます。

*2013年8月、『日本現代史【増補改訂版】』が刊行されました。

英日対訳 日本現代史 目次抜粋

日本現代史

  • 日本—1945年
  • ポツダム宣言
  • 生存をかけて
  • 占領
  • ダグラス・マッカーサー元帥
  • 軍国主義の排除
  • 民主化
  • 「人間宣言」
  • 中心勢力の解体
  • 逆コース
  • 東京裁判
  • 勝利者の裁き?
  • 朝鮮戦争の衝撃
  • 吉田茂
  • 講和条約
  • 占領期の映画・文芸作品
  • 復興への道のり
  • 高度経済成長
  • 都市生活の変化
  • 所得倍増計画
  • 公害
  • 貯蓄国家
  • 安保
  • ベトナム戦争と反戦運動
  • 大学の騒乱
  • 三里塚闘争
  • 東京オリンピック
  • 「ニクソン・ショック」
  • オイルショック
  • 三島由紀夫事件・あさま山荘事件
  • 元日本兵の帰国
  • 沖縄返還
  • 貿易摩擦
  • ロッキード事件と田中角栄
  • 公共事業
  • 農村の生活
  • 都市化現象
  • サラリーマンと専業主婦
  • 中流日本
  • 「リッチ・ジャパニーズ」
  • ノスタルジー
  • 外国人労働者
  • 政治の転換
  • 1990年という境界線
  • 国際社会での動き
  • 90年代経済問題の教訓
  • 自民党の衰退
  • 改革への道
  • 中央政府から自治体へ
  • 情報社会の試練
  • 輸出される日本文化

現代日本の論点と事件

  • 天皇のイメージ
  • 戦争責任
  • 靖国問題
  • 日本国憲法の見直し
  • 皇室典範
  • 朝鮮半島
  • 米軍基地
  • 北方領土問題
  • 阪神・淡路大震災
  • 地下鉄サリン事件
  • 薬害エイズと厚生省
  • 原子力事故
  • 環境問題
  • 民間企業をめぐる諸問題
  • フリーター—新しい労働観
  • 若者
  • ゆとり教育
  • 女性の社会的地位
  • 少子化とキャリア志向
  • 人口の高齢化

参考資料

  • 日本現代史略年表
  • 英語索引
  • 日本語索引
  • 参考文献

ジェームス・M・バーダマン(James M. Vardaman, 1947-)

1947年、米国テネシー州生まれ。ハワイ大学でアジア研究専攻、修士。1976年に来日以来、大学で教鞭をとる。現在、早稲田大学文学部教授。著書に『英日対訳日本現代史』(IBCパブリッシング)、『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』(ジャパンブック)、『アメリカ南部』(講談社現代新書)、『ミシシッピ=アメリカを生んだ大河』(講談社選書メチエ)、『ふたつのアメリカ史』(東京書籍) 、「黒人差別とアメリカ公民権運動」など多数。

英日対訳 日本現代史 (Contemporary Japanese History: since 1945)/ジェームス・M・バーダマン (英語力を鍛える英語学習書/IBCパブリッシング)表紙

アマゾンの「英日対訳 日本現代史」販売サイトへ

書籍情報

ISBN 978-4-89684-389-7
タイトル 英日対訳 日本現代史 (Contemporary Japanese History: since 1945)
著者 ジェームス・M・バーダマン (著者)
紙書籍定価 本体 1,600円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2006/09
言語 英日対訳
判型 A5判・ソフトカバー

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「英日対訳 日本現代史」販売サイトへ