世界が驚いた重大事件トップ20
A History of Western Tragedies and Accidents

ニーナ・ウェグナー (著者)

事実は小説よりも奇なり

ラダーシリーズの人気タイトルが対訳になりました。迷宮入りの切り裂きジャック事件、犯罪世界のロミオとジュリエット、イギリス王位をかけた恋、アポロ13号の奇跡の生還、未曾有の原子力事故、9.11のアメリカ同時多発テロなど、長い歴史の中で世界を揺るがした事件や事故、歴史的出来事の中から20話を厳選。誰もが耳にしたことのある事件の内容、知っておくべき事件の真相を読みやすい英語と対訳で。

※本書は2013年に刊行されたラダーシリーズ『A History of Western Tragedies and Accidents』(小社刊) に日本語訳をつけ日英対訳版として出版しました。

世界が驚いた重大事件トップ20 目次抜粋

  • ヘンリー八世の妻たち
  • ブラッディ・メアリー
  • マリー・アントワネットの処刑
  • エイブラハム・リンカーンの暗殺
  • エレファント・マン
  • 切り裂きジャック
  • タイタニック号
  • ロマノフ家の処刑
  • チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ・ジュニアの誘拐事件
  • ボニーとクライド
  • エドワード八世の恋
  • アメリア・イアハートの最後の飛行
  • ジョン・F・ケネディの暗殺
  • マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの暗殺
  • アポロ13 号
  • スリーマイル島
  • ジョン・レノンの殺害
  • チェルノブイリ
  • ダイアナ妃の死
  • 9/11

ニーナ・ウェグナー(Nina Wegner)

東京生まれ。幼少期を日本で過ごした後、カリフォルニア州サンフランシスコへ移る。フリーランス・ライター/編集者。ニューヨークのシラキュース大学でジャーナリズムを専攻、現在は世界中をまわりながら、国際問題や課題について執筆/編集をしている。

平湊音(たいら みなと)

富山県生まれ。東京大学教養学部国際関係論文学科卒。予備校勤務を経て、編集、出版・産業翻訳、ライティング、英語教育に携わる。訳書に『ベートーヴェンを“読む”』(道出版、2011年) 『ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵』(道出版、2012年) がある。ピアノ奏者・占星術師としても活躍。

世界が驚いた重大事件トップ20 (A History of Western Tragedies and Accidents)/ニーナ・ウェグナー (英語力を鍛える英語学習書/IBCパブリッシング)表紙

世界が驚いた重大事件トップ20/英語力を鍛える英語学習書/IBCパブリッシング)世界が驚いた重大事件トップ20/英語力を鍛える英語学習書/IBCパブリッシング)世界が驚いた重大事件トップ20/英語力を鍛える英語学習書/IBCパブリッシング)世界が驚いた重大事件トップ20/英語力を鍛える英語学習書/IBCパブリッシング)世界が驚いた重大事件トップ20/英語力を鍛える英語学習書/IBCパブリッシング)世界が驚いた重大事件トップ20/英語力を鍛える英語学習書/IBCパブリッシング)

アマゾンの「世界が驚いた重大事件トップ20」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0354-8
タイトル 世界が驚いた重大事件トップ20 (A History of Western Tragedies and Accidents)
著者 ニーナ・ウェグナー (著者)
紙書籍定価 本体 1,500円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2015/06
言語 日本語・英語
ページ数 146 ページ
本のサイズ 188 x 128mm

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「世界が驚いた重大事件トップ20」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング