ここに日本がある 三越日本橋本店に見る“もてなしの文化”

土屋晴仁 (著者)

「モノ」ではなく「感動」を売る。無形の価値を創造し続ける、三越の流儀。

日本を代表する百貨店として継続的な経営革新により、接客サービスの質を独自に進化させてきた三越日本橋本店。前進の「越後屋」時代から、「モノ」を売るだけでなく文化を発信し、感動共有の仕組みづくりにこだわったその DNA はどのように引き継がれていったのか? 大規模な改装 (2020年春完成) を目前に控え、「カルチャーリゾート百貨店」への脱皮を図る三越日本橋店本店の新たな戦略とは?

「メイド・イン・ジャパン」のブランドは、モノの素晴らしさだけではないでしょう。平和を願い、自然に対して敬意を失わない。清潔さを保とうとし、互いには「和」を重んじる。こういうものは、実は21世紀の世界が希求している価値ではないでしょうか? 繊細すぎるほどの感性も、華美であることより詫びや寂びに魅かれる心性……こういう日本的な無形の価値を、私たちの流儀でビジネスにしていきたいのです。

中 陽次 三越日本橋本店長のインタビューより

土屋晴仁(つちや はるひと)

フリー編集者&ライター。1949年新潟県佐渡市生まれ。東京学芸大学中退後、大手シンクタンクの嘱託広報や新聞社・出版社・広告代理店相手の制作下請け業務を経験。編集プロダクション2社を設立し ICT分野に特化して自身の著書や講演も多数こなす。2004年から10年間、両親の介護と看取りのため業務を離れて郷里に。2014年に再上京して活動中。IBCパブリッシング関連の著書には『ニッポンのしきたり』などがある。

ここに日本がある 三越日本橋本店に見る“もてなしの文化”/土屋晴仁 (ビジネス書/IBCパブリッシング)表紙

ここに日本がある 三越日本橋本店に見る“もてなしの文化”/ビジネス書/IBCパブリッシング)ここに日本がある 三越日本橋本店に見る“もてなしの文化”/ビジネス書/IBCパブリッシング)ここに日本がある 三越日本橋本店に見る“もてなしの文化”/ビジネス書/IBCパブリッシング)ここに日本がある 三越日本橋本店に見る“もてなしの文化”/ビジネス書/IBCパブリッシング)ここに日本がある 三越日本橋本店に見る“もてなしの文化”/ビジネス書/IBCパブリッシング)ここに日本がある 三越日本橋本店に見る“もてなしの文化”/ビジネス書/IBCパブリッシング)

アマゾンの「ここに日本がある 三越日本橋本店に見る“もてなしの文化”」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0440-8
タイトル ここに日本がある 三越日本橋本店に見る“もてなしの文化”
著者 土屋晴仁 (著者)
紙書籍定価 本体 1,600円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2016/10
ページ数 234 ページ
判型 四六判
本のサイズ 188 x 128mm

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「ここに日本がある 三越日本橋本店に見る“もてなしの文化”」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング